ブルブルボーテの騒音は?【自宅快適ダイエット】

ブルブルボーテ・騒音はどれくらい?

いままでの家庭ダイエット器具と比べ、小型になって使い方が増えた話題のブルブルボーテ!!

小型になって使いやすくても効果がなければ意味ないし、忙しい平日は夜間に使いたくなるので騒音や振動についても気になります。

まずは、ブルブルボーテの騒音について詳細を調べたところ、使ってる動画を見つけて確認することができました。

実際の音量についてですが「家庭用マッサージ器」「ヘアドライヤー」などを弱で使用した時ぐらい。これは私個人のイメージなので個人差あると思いますが、テレビを見ながらブルブルボーテを使っていても、テレビの音量を上げる必要は無い位なので騒音ではないかと思います。

そしてブルブルボーテは、その名のとおり、「ブルブルブルブル・・・」この振動の音も低い音なので騒音になるような事はない!これで騒音問題クリアです!

ブルブルボーテの事詳しくは
▼こちらをチェック▼

ブルブルボーテ・振動はどれくらい?

ブルブルボーテは家庭用小型ダイエットマシン!日中は仕事や学校、育児で忙しい人が空いた時間、平日の夜間に使いたくなるので振動についても気になります。

すぐ近くで赤ちゃんが眠ってるとか、隣りは勉強中の子供部屋、家族が読書中などなど・・・状況はさまざま。

そしてさらに何と言っても、集合住宅では「近所迷惑」にならないかが、いちばん気になるところ!

「ダイエットマシン使ってるんですけど、どのくらい影響ありますか?」な~んて聞けないし(-_-;)実際どうなの?と思っても、使用中にご近所のお隣さんや、下階のお宅にお邪魔するなんて不可能だし、悩むところ。

今回発売のブルブルボーテは、前回の振動マシンより、振動も音も進化した低設計とのこと。それなら安心ですね!よかったよかった(^^)v

それでも騒音・振動が気になる方へ

しかしながら、ブルブルボーテはその名のとおり、「ブルブルブルブル・・・」この振動があるからこその効果を発揮!無音・無振動ではありません。

今回はブルブルボーテを出来るだけ小さい音、小さい振動で使う方法に付いても触れてみたいと思います。

①使う場所を工夫する
ブルブルボーテの音はフローリングの部屋で使用すると響きやすいので、防音効果のある脱衣場や振動を吸収しやすい畳の部屋(和室)で使用すると、音漏れが少なくなります。

②振動を吸収させる
ブルブルボーテをタオルや座布団の上に置いて使うと、振動が床に響かなくなるので音が静かになります。部分使用なら不安定な座布団の上でも大丈夫ですが、乗って全身マッサージするなら、振動防止マット(ヨガマットでOK)
ブルブルボーテは「43センチ×29センチ」と小型なので用意するマットも小さい物で大丈夫です。

それでも気になる人は、100円均一やホームセンターで売られてる「ジョイントマット」に騒音防止効果が有るのでおススメです!
ジョイントマットとはパズルの様に部屋の広さに合わせて組み合わせて使うマット見た事ある人多いと思いますが意外にも振動吸収効果があります!!

よって、騒音や振動に気にすることなく使えるので、夕食後や入浴の前後など寝る前の時間を使ってテレビ見ながらでも出来るし、好きな時間に使えるから続くと思います。スレンダーBODYは、もうすぐ!!!\(^o^)/

ブルブルボーテの事詳しくは
▼こちらをチェック▼

効果が期待できる理由!

振動機器を使う理由の一つに運動する時間が取れないと言うの共通の理由がある以外は人それぞれ、体全体を鍛えたい人、気になる箇所をスリムにしたい人、体重を少なくしたい人、日々の運動不足を解消したい人などそれぞれ1分間振動800回のブルブルボーテなら4つのモードを選択し使い方も色々

その人に見合った効果を目指す事ができるんです

4つモードから使い方を選べる
ブルブルボーテは振動の強さやパターンを4つモードから選べる様になっています。

エステモード(A)
縦揺れ中心のモードで無駄な気になる箇所のお肉を揺らし、刺激を与えるのに適してます。

体幹トレーニングモード(B)
横揺れ中心のモードで、運動不足解消や体を鍛えるのに適しています。

スペシャルモード(C)
エステモードの縦揺れと体幹トレーニングモードの横揺れを組み合わせた激しいモードです。

マニュアルモード(M)
100段階の中から振動の強さを選べるモード、自分に一番ピッタリの強さで使う事ができる便利なモードです。

ブルブルボーテで期待される効果は「お腹」「腰」「太もも」「二の腕」など気になる箇所の脂肪や筋肉をブルブルボーテの振動により刺激して脂肪燃焼させる事で細くさせます。
本来は運動やストレッチによって期待される効果ですが、ブルブルボーテに乗る(乗せる)だけでそれらと同じ効果が期待できるんです。

ブルブルボーテの詳細について
▼こちらをチェック▼

ブルブルボーテ・使い方

ここではブルブルボーテの基本的な使い方、そして効率的な使い方を紹介していきます。
ブルブルボーテ騒音が気にならず夜でも使えますが、上に乗ってボーっと時間を過ごすだけでは非効率、気になる箇所毎に乗せ方を変えることで効率的に効果につなげて行きたいですね!!

①上に乗る使い方(全身をまんべんなく)
ブルブルボーテの一番基本的な使い方です。ブルブルボーテは上に乗るだけでなく「シェイプアップバンド」と呼ばれる振動を伝える付属のバンドを使うことで、安定的に全身にまんべんなく振動を与え全身を刺激します。

スキーをしてる様なポーズになる使用法で、日々の運動不足解消にも最適な使い方になります。

②腰かけて使う(お尻、お腹)
ブルブルボーテに腰かけて使うことで「お腹」や「お尻」に直接振動を与えることができます。
手足より胴回りが気になる人に効果的な使い方です。

③足だけ載せる使い方(太もも、ふくらはぎ)
床に座って足首を乗せる使い方、または椅子に座って足を乗せる使い方をすることで、②とは逆に下半身だけに振動を集中させる事ができます。
足を細くしたいと思ってる人に効果的な使い方です。

④手乗せ(二の腕)
二の腕に対して効率てきに振動を伝えたいなら、手だけ乗せる使い方がもっとも有効です。

ブルブルボーテを「つくえ」や「こたつ」の上に置いて、手のひらをベタっと付けて使うと振動が手首から肩に集中します。

このようにブルブルボーテの使い方は上に乗ってシェイプアップバンドを使用して全身の筋肉をまんべんなく刺激し、気になる個所だけ部分的に刺激する使い方になります。

ブルブルボーテ・口コミ

ブルブルボーテの口コミ情報をできるだけ調べました。殆どが購入して使用中の人たちなので、公式の仕様では見つけられない情報が隠れていることもありますね♪

持ち運びが自由
片手でってわけには行かないけど、小さいので掃除機より持ち運びが自由

テレビ見ながらスマホを見ながら、時間を気にせず出来るから続いてる。
始めたばかりなので効果はまだ
(20代大学生)

運動苦手な私向き
何度もダイエットを挫折してるけどこれなら続きそう

トレーニングはきつくてダメで置き換えダイエットは思ったより面倒だった…
ブルブルボーテならマッサージ感覚で気持ちも良いので続けられます♪
(30代主婦)

二の腕を細く
ブルブルボーテはテレビを見て、そして口コミを読んで思わず購入

私の悩みは太い二の腕なのでそこだけ集中的に!!
そのお陰あってか、細くなった気がして嬉しい。
(20代店舗販売)

家族で使ってます
テレビショッピングなど影響しやすくブルブルボーテも買っちゃった

私より主人や娘が気に入って使ってます。良いみたいです。
(専業主婦)

帰りが遅い私にはぴったり
帰りが遅く自由な時間が少ない私にとって、このダイエット器は有りがたい

仕事を持ち帰ったときでも、パソコン画面見ながら足を乗せてます。
足の裏が思いのほか気持ち良く癖になりそう
(IT関係)

ブルブルボーテ・楽天は損?

ブルブルボーテは家電量販店やホームセンターでの取り扱いがなく「ハン○」や「ドン○」でも似てる振動マッサージ器は有るけどブルブルボーテの取り扱いはありません。
ネット販売のみの家電商品なのです。

楽天やアマゾンで普通に取り扱いがありますが、このブルブルボーテに関しては楽天やアマゾンで買うの損だとの情報がありまして真相を探ってみると「日テレポシュレ」からの購入が一番安価との事でした。

調べてみたら、なんと楽天市場も日テレポシュレも21,384円同じ値段でした(汗)

ブルブルボーテはテレビで紹介されて人気が高まったので、日テレポシュレでの最安値は一時的なもの?または楽天市場ががんばって値段を下げたのかもしれませんね。

私の場合楽天での買い物は多く、商品検索に慣れてるしポイントもしっかり活用してるので高値の噂が過去のも物なら楽天から購入すると思います♪

ブルブルするとかゆくなる?

ブルブルボーテを使ってるとブルブルしてる箇所がかゆくなってしまう事がありますが、それは血行が良くなる事でかゆくなるので、ダイエット運動としては良い事です。

振動を外部からの攻撃と判断してしまうと毛細血管内の白血球たちが振動個所に集まり始めます。
そしてヒスタミンが放出されて炎症反応が起きてしまうのが「かゆみ」の原因、そして運動不足や老化が原因で、血液が殆ど流れなくなってた血管に血液が流れ込むと「かゆみ」に繋がる事が有ります。

ブルブルボーテを使ってかゆくなったら
使うのを止めるとかゆみは治まってきます。そして使って行くうちにかゆみの発生は無くなっていきます。

【PR】下半身ダイエット効果など…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする